嚮導BRING​+​瞳EYES​=​死DEATH​+​齎INVITE

from by Imperial Circus Dead Decadence

/
  • Compact Disc (CD)

    Includes unlimited streaming of 腐蝕ルサンチマン、不死欲の猿楽座。 via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    ships out within 14 days

     ¥1,000 JPY

     

lyrics

嚮導スル瞳ハ死ヲ招ク――月に魅入られた者への哀悼。


「親愛なる心の殺戮者よ、卑猥な影に飲まれませぬよう。」
「二つの心臓を此処へ……一つは祭り、もう一つは私に。」
「嘘は良くないでしょう、終わるまでそうしているつもりかね?」
「悲しいことだが、勝者の軽傷は敗者の致命傷か。」


黒い底で敗北感に暴れてる醜猥
壊疽を垂れ流しながら
のたうつ魂の行為
××××××××
最悪の事を妄想している
我穢魂


揺れる
暁の日に此の身を焦がし 
叫び続けていた言葉は 憧れ妬いて自ら鎖を抱いて
唐紅に 染まり落ちてゆく 宵闇に輝く明星が 
黄昏を喰らう


汝らの眼に映るは夢か現か――。


「繰り返される会話、問いかけ。」


変質の恐怖に溺れ震えた我の欠
楽園に憧れた だが 穢れたとが許されない
災厄と呪い喰らうのだ悪夢
深淵に崩れた 穢された心が
喜びを捨てた害悪となる


呉れる
言葉の中に意味を見いだせず 
呪い続けていた思いは 嗚呼 焦れ焼いて 自ら痛みを抱いて
愚鈍の涙零れ堕ちてゆく 宵闇に輝く明星は 
不遜さを嗤う


沈む時が示す終焉までの猶予
拒めば其処には敗北
挑み敗れるのもまた奈落
強いられた闘争の果てに一体何を見出すのか
赤涙覗く傷を負いながら探し求めている


太陽嗤う煌々 華は枯れて 脈が割れて
嗚呼 踠く此の掌 裂けようと
揺れる
暁の日に此の身を焦がし 
叫び続けていた言葉は 憧れ妬いて自ら鎖を抱いて
唐紅に染まり落ちてゆく 宵闇に輝く明星が 
黄昏を喰らう

魅せておくれ、砕け散る美しさを――。

credits

from 腐蝕ルサンチマン、不死欲の猿楽座。, released December 31, 2016

tags

license

all rights reserved

feeds

feeds for this album, this artist